忍者ブログ
ドール服の型紙作製日誌と時々趣味
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1626]  [1624]  [1625]  [1623]  [1618]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1276]  [1615
2015/12/04 (Fri) 12:00
Posted by 巴月 柳(はづき やなぎ)
少し前に手に入れたウエストゴムのプリーツスカートですが、プリーツの折が甘いので自分で直すことにしました。


こちらが問題のプリーツスカートです。
買う前からあまりプリーツしっかりしてないなとは思っていましたが、良く見たら山折のところが変に折れて谷折になっている所もありました。
奥ヒダも全体的にぼんやり…。
プリーツスカートのデザインで裾に向かってプリーツをわざと無くすものもありますが、これはプリーツがあったりなかったりぼんやりだったりなので多分裾までプリーツが付いているものなのでしょう。
という事で、用意するものはアイロンと
河口の「折り目強力」というものです。


アイロンの熱があまり下のヒダに響かない方がいいかなと思って手ぬぐいを折ったものをスカートの間に挟んでみました。


折りたい箇所を広げてぼんやり見える線にそってスプレーします。
もっと豪快にスプレーするのかもしれませんが、私は必要な個所だけにしました。
今回は奥ヒダに関しては適当なので奥ヒダにスプレーはしません。


綺麗にまっすぐになるように折ります。
奥ヒダにスプレーはしていませんが、アイロンは掛けるので表ヒダと同様に綺麗に折ります。


アイロンをかけますが、本来は生地とアイロンの間に当て布を入れて下さい。
生地の素材によっては不必要なてかりが出てしまいます。
今回はヒダが見えるように当て布はしていません、というか忘れたとも言います!


アイロンをかける時ですが、私は一つ前にアイロンをかけたヒダも再度アイロンをかけます。
でもその前、画像の”2つ前”の箇所のヒダにはアイロンをかけないようにしています。
私の個人的な事ですが、今アイロンをかけているヒダと1つ前のヒダに集中していて、2つ前の箇所にまで注意がいかず、折角綺麗にヒダを折ったのに変な癖をつける事が時々あるからです。
今回は人間用のプリーツなので”1つ前”まででしたが、ドール用は結構沢山のヒダがアイロンのプレート内に入るので、そこは臨機応変でしょうか。

以降全てのヒダにアイロンをかけ続けます。

 
全てのヒダにアイロンをかけ終わりました。
平置きなのでちょっと分かり辛いですが、スプレーして折り目をつける前と後では全く印象が違います。

という事でやっと着られるようになりました。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
お客様アルバム
ブログ内検索
最新コメント
[12/19 NONAME]
[10/27 巴月 柳@ドーリースケール]
[10/27 mii]
[08/22 巴月 柳@ドーリースケール]
[08/21 舘山]
拍手コメントへの返信
検索サイト
ゼーガペイン関係リンク
プロフィール
HN:
巴月 柳(はづき やなぎ)
性別:
非公開
職業:
ドール服のパターンメーカー
自己紹介:
ゼーガペインの女子キャラをドール(ドルフィードリーム)でリザレクションしつつ、ゼーガペインへの愛を叫んでいる。
Copyright ©  ドール服の型紙作製所 ドーリースケール All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]