忍者ブログ
ドール服の型紙作製日誌と時々趣味
Admin / Write / Res
<< 11   2017/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[1587]  [1585]  [1584]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1576]  [1573]  [1575
2014/12/01 (Mon) 12:00
Posted by 巴月 柳(はづき やなぎ)

どうも、お久しぶりです。
諸事情で暫く作業出来ませんでした。
今日やっと再開出来きたのと、新しい半田ごて買ったのでレピューというかそういうのです。

ポリエステルの布の端処理を縫わないで止める方法をやってみたくて、1本目はこれ
を購入しました。
ネットで布が切れるか調べましたが、画像付きでレビューしている方もそうでない方にも割と良い評価でしたのでこれにしてみました。
が、うーん…肝心の刃先の熱が弱くポリエステルの布を全く溶かす事が出来なかったです。
刃の根元の温度は申し分ないですが、根元では溶かす必要のない部分まで盛大に溶かすので刃をを引き抜き1cm程折って短くしてみました。
最初より溶けるようにはなりましたがやはりやり辛い…。

やり辛いのとうっかり火傷して少し怖くなったので若干放置していましたが、
半田ごてのこて先には沢山種類があってとても細いものもあると最近知りました。
という事で2本目はこれ
最初からこっちにすればよかった(苦笑。
布を溶かすには十分な熱です。
下に引くマットが耐熱ではない場合(段ボールや木)少し使っただけでも焦げるので注意が必要です。(ちなみにHOT-60Rは焦げませんでした。
先が細いので布への柄入れも出来ます。
熱が高いと言っても金属の定規に添わせると速攻で熱が下がって上手く溶けないのでフリーハンドで溶かす必要があります。
真っ直ぐ溶かしていくには少々練習が必要な様です…。
あと、HOT-60Rより手元が熱くありませんし軸が短いのでより火傷の危険性は低そうです。
低そうとはいっても高熱なので扱いには本当に注意してください。

直線のみで使いたい方はきっとこれ

の方がいいのかも?
これは使った事が無いので使い勝手は分かりませんが…。

■半田ごてでの柄入れの参考動画(半田ごては当方が今回紹介しているものとは違う可能性がありますのでご注意ください)

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
お客様アルバム
最新画像が時々…
ブログ内検索
最新コメント
[12/19 NONAME]
[10/27 巴月 柳@ドーリースケール]
[10/27 mii]
[08/22 巴月 柳@ドーリースケール]
[08/21 舘山]
拍手コメントへの返信
検索サイト
ゼーガペイン関係リンク
プロフィール
HN:
巴月 柳(はづき やなぎ)
性別:
非公開
職業:
ドール服のパターンメーカー
自己紹介:
ゼーガペインの女子キャラをドール(ドルフィードリーム)でリザレクションしつつ、ゼーガペインへの愛を叫んでいる。
アーカイブ
Copyright ©  ドール服の型紙作製所 ドーリースケール All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]